観光で役立つ情報

ハワイオアフ島のショッピングモール一覧と特徴を紹介

ALOHA!
アメリカの住宅開発にはショッピングセンターがつきもの。学校やゴルフ場と合わせて必ずと言ってもよいほどショッピングセンターがあるので、その数はすべて把握しきれないほど多いです。
ハワイのオアフ島にもショッピングセンターがいくつもあります。
ショッピングセンターと言っても気候が良いハワイでは屋外型でお店が集まっているショッピングセンターが多く、完全屋内型モールは少ないのが特徴です。

そこで今回はハワイのオアフ島にあるショッピングモールを調べてみました。
※ここでは「ショッピングモール」や「ショッピングセンター」で表記はバラバラですが、特に差別化はありません。

ハワイアンパルケではモールに出店している詳しい店舗情報は記載していません。
ぜひ公式サイトや他のブログサイトなどを参考にしてみてください。
調べものをせずに街歩きのように訪れてみるのも楽しいかも。

情報内容について

情報は2019年12月現在となります。

掲載施設について

すべてのショッピングモールを紹介しているわけではありません。
ここで紹介した以外にもたくさんありますので、ぜひご自身の目で見てみてくださいね。

写真について

写真はすべて個人撮影となります。大変ありがたくも恐縮なことですが、もしご使用ご希望の方はこちらからお願いいたします。

リンクについて

・公式サイトをはじめ、勝手ながら各ブログやサイトのレポート、詳細リンクなどを貼らせていただきました。ハワイについていろいろな視点で広めているみなさんを応援したいとの意味も込めています。みなさんとても参考になります。
※ブログ先の情報の詳細までは責任を持てないため、雰囲気をつかむ参考程度にお願いいたします。




Contents

ワイキキ・アラモアナ・カハラ地区

ワイキキに関して言えば、各ホテルがそれぞれショッピングモールのようなものです。
この地区はとりわけ規模の大きいショッピングモールを紹介します。

ロイヤルハワイアンセンター

ロイヤルハワイアンセンター

形態

屋根付き屋外型ショッピングモール

規模

大規模

ワイキキの真ん中に位置するロイヤルセンターは、ロイヤルハワイアンホテルやシェラトンワイキキ、DFS免税店Tギャラリアの目の前という立地。
私が初めてハワイに降り立った時に一番初めにお世話になった場所です。
吹き抜けがとても開放的で心地よい風が通るハワイらしいショッピングセンターです。
中庭の通称は「ヘルモア (日本語で鶏がひっかく)」と呼ばれ、不思議な力を持つ鶏にまつわる伝説があります。この辺りはかつてヤシの木が1万本もあったといわれる場所です。
ハワイアン王朝時代から王族にもゆかりのある由緒ある土地に立地しています。

モールの特徴

高級ブランド店から手軽なお店、エンターテインメント施設や観光会社の窓口まで幅広く揃った大型商業施設です。さすがにワイキキの中心だけあって、ハワイにまつわるお店が多い印象。
意外にもフードコートはリーズナブル。座席数が多く日本食が多いため、日本人観光客も気軽に立ち寄れます。
ロイヤルハワイアンセンターでは積極的にハワイ文化を広める活動をしていて、無料で受けられるレッスンが数多く用意されています。

トイレ

トイレは多いですが、利用しやすいのがパイナラナイフードコート内のトイレ。
鍵はかかっていないオープントイレです。
夜の時間帯まで日本人観光客も多いため、比較的安心して利用することができます。

ロイヤルハワイアンセンター中庭のヘルモア

所在地:2201 Kalakaua Ave, Honolulu, HI 96815


店舗数:110店舗以上
駐車場:有料
公式サイト:https://www.royalhawaiiancenter.com
参考紹介ページ:sky Deltaさん

インターナショナルマーケットプレイス

インターナショナルマーケットプレイス

形態

屋根付き屋外型ショッピングモール

規模

大規模

2013年まではハワイならではの雑貨や衣類などの露店をはじめ、ローカルのお店や飲食店が集まるごった煮のショッピングスポットでした。その姿は見る影もなく、2016年8月に新しい高級路線のショッピングモールに変貌しています。当時から残るのはバニアンツリーとインターナショナルマーケットプレイスのサインボードくらい。

モールの特徴

高級路線のお店が揃い、ハワイ文化イベントも行われています。ソファーベンチが多くwifiも高速、モール内が開放的で広いため、ハワイアンミュージックに包まれながら座ってくつろぎたくなります。

インターナショナルマーケットプレイスの中

所在地:2330 Kalakaua Ave, Honolulu, HI 96815


店舗数:100店舗以上
駐車場:有料 (買い物無料特典あり)
公式サイト:https://shopinternationalmarketplace.com/ja
参考紹介ページ:ニコニコくりこの成長記録さん

ショップス アット ヒルトンハワイアンビレッジ

ヒルトンハワイアンビレッジ

形態

屋内型・屋外店舗型ショッピングモール

規模

中規模

ワイキキに数あるホテル敷地内のショッピング施設のひとつですが、その中でもショッピングモールに負けないくらいの店舗数とクオリティを誇るのがヒルトンハワイアンビレッジです。
ヒルトンだけで日程丸1日が終わるといっても過言ではないくらいの充実した施設群は、飲食店、お土産、雑貨、衣類、そしてエンターティンメント施設までそろっています。

モールの特徴

中華街を思わせる街区や、高級ブランドなど、魅せる作りも観光要素。それだけで立ち寄る価値があるかと思います。ワイキキにはここにしか出店していない有名なお店もあります。

トイレ

・タパタワー内
・レインボーバザール内
・メインロビー横

個人的にはタパタワーのトイレが利用しやすいと思います。タパタワーはカリアロードに面した建物で、ABCストア付近にトイレがあります。こちらは利用者が多く安心。
下の写真はレインボーバザールです。こちらにもABCストアの並び (同じ壁面) にトイレがあります。
あとは、メインロビーの横にトイレがあります。

ヒルトンハワイアンビレッジ

所在地:2005 Kalia Rd, Honolulu, Oahu, Hawaii 96815


店舗数:80店舗以上
駐車場:有料
公式サイト:https://www.hiltonhawaiianvillage.jp/Shopping.htm
参考紹介ページ:旅マイルさん

アラモアナセンター

アラモアナセンター

形態

屋根付き屋外型ショッピングモール

規模

大規模

ハワイ最大の大型ショッピング施設です。
アラモアナセンターはアラモアナビーチパークの目の前の立地です。4階建てからなり、ファッション、生活雑貨、飲食、高級ブランドをはじめ、郵便局や携帯電話会社、旅行会社の窓口など、あらゆる店舗が集結しています。

モールの特徴

リーズナブルから高級までそろったラインナップで、顧客層は実に幅広いのが特徴です。
観光客をはじめ、ローカルも多く集まるため多種多様なお店が揃っています。

トイレ

・OLDNAVYの上
・ビッグアイランドキャンディー向かい
・ニーマンマーカス内
・マカイマーケットフードコート内
・ZARAの裏
など

トイレはたくさんあります。日本人の方がよく利用している光景を見かけるのが、ビッグアイランドキャンディー向かいとマカイマーケットのフードコート奥のトイレです。
他にデパートの中のトイレが、きれいで落ち着いているのでおすすめです。

アラモアナセンター

所在地:1450 Ala Moana Blvd, Honolulu, HI 96814


店舗数:350店舗以上
駐車場:無料
公式サイト:https://www.alamoanacenter.com/ja.html
参考紹介ページ:ディズニー&ハワイ大好き!きの子ママの家族旅行記さん

カハラモール

カハラモール

形態

全屋内型ショッピングモール

規模

中規模

日本人が描くショッピングモールの原点のような全屋内型タイプのカハラモールは、当時カハラ地区の住宅開発に併せて作られたごく普通の商業施設でした。
現在ではホールフーズをはじめ選りすぐりのお店が集まり観光地化、シャトルバスまで停まるほどになりました。

モールの特徴

気候の良いハワイでは珍しい屋内型ショッピングモールです。
古くからあるため、少し年季の入った施設内は致し方ないのですが、かゆいところに手が届く店揃えはさすがです。
周辺は広々とした静かな住宅街ですので、レンタカーでもバスでも非常に行きやすい環境にあります。

トイレ

主なトイレは2ヶ所。ガラスの狭い通路を進むモール内真ん中のトイレとゲームセンターの端っこにあるトイレ。不思議なガラス張りのトイレが利用しやすいかと思います。

カハラモールのソーハリビング

所在地:4211 Waialae Ave, Honolulu, HI 96815


店舗数:約62店舗
駐車場:無料
公式サイト:https://www.kahalamallcenter.com
参考紹介ページ:リサのLOVEハワイさん




カイルア地区

カイルアタウンセンター

Kailua Town Center

カイルアのホールフーズ

形態

屋根付き屋外型ショッピングモール

規模

小規模

カイルアは商業店舗の一極集中範囲が広く、ショッピングモールはコレっという風に呼べないほどお店が中心エリアに集まっているのですが、こちらはホールフーズなどの大型店舗を軸にしたカイルアタウンの中心的ショッピングモール帯です。
向かいにタイムススーパーマーケットを中心としたカイルアショッピングセンターもあります。

モールの特徴

オーガニックスーパー「ホールフーズ」や「ダウントゥアース」があります。このタウンセンター周辺には「フードランド」や「ターゲット」も隣接しており、一帯がショッピング天国になっています。

トイレ

トイレはホールフーズ一択で良いかと思います。タダでトイレだけなんてちょっと気が引けますが、最終的にはここで何かしらお買物をしているので許してください。

所在地:609 Kailua Rd, Kailua, HI 96734


店舗数:約25店舗以上
駐車場:無料
公式サイト:ー
参考紹介ページ:ー

カイルアショッピングセンター

Kailua Shopping Center

カイルアショッピングセンター

形態

屋根付き屋外型ショッピングモール

規模

小規模

タイムスマーケットを核としたショッピングセンターです。カイルア住民の普段使いの選択肢としてもありがたいポジション。
お隣サルベーションアーミーはミリタリー (アメリが軍人さん) の寄付によるスリフトショップ、生活用品、雑貨や家具が安くたくさん揃ったお店です。

モールの特徴

ホールフーズなどアメリカ本土のお店が多いカイルアタウンセンターに比べ、ラニカイジュースやラニカイバス&ボディなど、カイルアタウンならではのお店が揃っているのがこちら。

トイレ

トイレがあります。利用したことが無いので詳しくは書けませんが、ショッピングセンター自体人出が多く賑わっているので、比較的安心して利用できるトイレかもしれませんね。

ラニカイバス&ボディ

所在地:564 Kailua Rd #560, Kailua, HI 96734


店舗数:約20店舗
駐車場:無料
公式サイト:ー
参考紹介ページ:メジャートリップさん

エンチャンテッドレイクセンター

Enchanted Lake Center 

形態

屋外型ショッピングモール

規模

小規模

カイルアタウンの内陸部にあるエンチャントレイクを囲うようにできた住宅地。プール付きの家が多いその中にセーフウェイを中心とするショッピングセンターがあります。
わりと立ち寄るのですが、写真で撮影することがなく手持ちがありませんでした。すみません。

モールの特徴

飲食系が多い商業施設ですが、カイルア地区の民に愛される評判の高いペットショップがあります。カイルア中心地よりも空いているので、使い道によってはとても便利です。

トイレ

セーフウェイ内にあります。

所在地:1020 Keolu Dr, Kailua, HI 96734


店舗数:約18店舗
駐車場:無料
公式サイト:ー
参考紹介ページ:ごゆるりと~さん

ワイマナロタウンセンター

Wimanalo Town Center

ワイマナロショッピングセンター

形態

屋根付き屋外型ショッピングモール

規模

小規模

ワイマナロの街の中にある小さな商業施設です。
小さいのですが日本人にはとても縁がある場所で、この付近はかつての元横綱曙の出身地。彼の銅像が置かれているのです。
周辺にはローカルのお店が点在しているので、抱き合わせで立ち寄るのもおすすめです。
向かいにスーパーがあり、ワイマナロの山側には新鮮な生卵が安く手に入る直販牧場もあります。

モールの特徴

とっても小さいショッピングセンターですが、これぞハワイともいえる雰囲気です。ワイマナロならではのハンドメイド雑貨屋さんもあります。

トイレ

トイレがあります。少し人出が少ないところですので、複数で利用しましょう。

ワイマナロショッピングセンターの曙像

所在地:41-1517 Kalanianaʻole Hwy, Waimanalo, HI 96795


店舗数:約10店舗 (周辺に数店舗あり)
駐車場:無料
公式サイト:ー
参考紹介ページ:ハワイな生活(AYAKAさん)




カネオヘ地区

ウインドワードモール

Windward Mall

ウインドワードモール

形態

全屋内型ショッピングモール

規模

大規模

オアフ島で3番目に大きなショッピングモールです。
数々のショッピングセンターが集まるカネオヘの中心部より少し北側にあります。私がハワイのイオンモールとも印象を持ったショッピングモールです。ハワイ (アメリカ)では珍しくペットの生体販売を行っているお店もあります。

モールの特徴

オアフ島の中では多少雨の降るカネオヘでの全屋内型ともあって快適そのもの。子ども向けの店舗やアミューズメントも充実していて、まさに日本の複合ショッピングモールのよう。というか日本の複合ショッピングモールの原点はアメリカですね。
ハワイでもそんな姿を垣間見ることができる貴重なモールです。
ウインドワードモールは駐車場からの景色も最高です。コオラウ山脈を背景にした壮大な景色を見ることができます。

トイレ

ファミリー向けの屋内型モールですのでトイレは比較的利用しやすいです。

ウインドワードモール

所在地:46-056 Kamehameha Hwy, Kaneohe, HI 96744


店舗数:110店舗以上
駐車場:無料
公式サイト:https://www.windwardmall.com
参考紹介ページ:HISCOOPさん

ウインドワードシティ ショッピングセンター

Windward City Shopping Center

ウインドワードシティショッピングセンター

形態

屋根付き屋外型ショッピングモール

規模

中規模

カネオヘ地区の中心部に位置しています。ハワイのショッピングセンターらしい外観の水色の屋根が特徴。陳列も整っていて店舗も大きなROSSがあるショッピングセンターで、日常遣いでは非常に使い勝手の良い商業施設です。
公式サイトもあり、この地域の先駆者的な存在だったことが伺えます。

モールの特徴

生活に密着した店舗が多いのが特徴。まさにローカルに溶け込んで利用したいショッピングセンターです。カネオヘに行くとどうしてもウインドワードモールが中心となってしまいますが、ぜひこちらにも訪れてみては?

ウインドワードシティショッピングセンター

所在地:45-480 Kaneohe Bay Dr, Kaneohe, HI 96744


店舗数:約50店舗以上
駐車場:無料
公式サイト:http://www.windwardcity.com
参考紹介ページ:ー

カネオヘベイ ショッピングセンター

Kaneohe Bay Shopping Center

形態

屋根付き屋外型ショッピングモール

規模

小規模

こちらもハワイならではの水色三角屋根の外観です。ロングスドラッグスやセーフウェイを核とした日常使いのショッピングセンターです。
立地はなんとウインドワードモールの真向かい。
そのせいか客足が遠のくかとおもいきや、レビューは非常に多く高評価です。
私はこちらの写真は撮影したことが無いのですが、カネオヘでちょこっと立ち寄っての買い出しなら、とても気軽で便利です。

モールの特徴

隣のウインドワードモールと比べると少し小規模ですが、ローカルならではのイベントも行われています。

所在地:46-047 Kamehameha Hwy, Kaneohe, HI 96744


店舗数:約23店舗
駐車場:無料
公式サイト:http://www.kaneohebayshoppingcenter.com
参考紹介ページ:

コオラウセンター

Ko’olau Center

コオラウセンター

形態

屋根付き屋外型ショッピングモール

規模

小規模

私がハワイで一番思い出に残っているショッピングセンターがココ。何度立ち寄ったかわかりません。
コオラウセンターには運転免許センターがあり、私はここで免許を取得しました。(運転免許を取得できる場所はオアフ島に何か所かあります。)
タイムスを核とした施設ですが、映画館も併設されています。
向かいには各宗教のお墓が集まっている墓地公園があり、日本の平等院もこちらにあります。

モールの特徴

小さなショッピングセンターで、利用するには少しローカル色が強いですが、ここからの景色はコオラウ山脈をバックにした壮大なもの。
ライエ地区 (ポリネシア・カルチャー・センター) やカネオヘサンドバーへ行くシャトルはこちらの目の前を通ることが多いかもしれませんね。

コオラウセンター

所在地:47-388 Hui Iwa St, Kaneohe, HI 96744


店舗数:約21店舗
駐車場:無料
公式サイト:http://koolaucenter.com
参考紹介ページ:ー

ハワイカイ地区

ハワイカイ タウンセンター

Hawaii Kai Town Center

ハワイカイショッピングセンター

形態

屋外店舗型ショッピングモール

規模

小規模

ハワイカイの中にあるショッピングセンター。ハワイカイには主に2カ所並んで商業施設が集積するショッピングセンターがあります。
湾に面しているため、テラスでお金持ちたちの運航するボートを眺めたり、帰りがけにちょっとしたお買物で立ち寄れますので便利です。

モールの特徴

コスコ (Costco) を含めたショッピングセンターです。マリーナコートヤードのテラスはちょっとしたインスタ映え、ハワイカイを一望できます。ステージではイベントも催されていることがあります。

トイレ

・ショッピングセンター真ん中のステージ近く(ROSS隣)
・コスコ (Costco) 内

トイレはROSSの隣にあります。利用したことがあります。コストコに入れる方は、レジの向こうのトイレも安心して利用できます。

ハワイカイタウンセンター

所在地:333 Keahole St, Honolulu, HI 96825


店舗数:約27店舗
駐車場:無料
公式サイト:https://hawaiikaitownecenter.com
参考紹介ページ:Investor Surfer LEEの ハワイに移住する方法さん

ハワイカイ ショッピングモール

Hawaii Kai Shopping Mall

形態

屋外店舗型ショッピングモール

規模

小規模

ハワイカイの奥側にある商業施設です。こちらはロングスやセーフウェイなどの日常使いのお店が充実しています。
私はハワイカイのショッピングモールはこちらの方が多く訪れていました。

モールの特徴

このショッピングモールの海に面した場所にチャペルがあります。ハワイで結婚式を挙げた方でお世話になったカップルも多いのではないでしょうか?

トイレ

セーフウェイがあればセーフウェイのトイレを利用するのがおすすめですが、こちらのセーフウェイではトイレの確認ができていません。すみません。

所在地:377 Keahole St, Honolulu, HI 96825


店舗数:約36店舗
駐車場:無料
公式サイト:https://hawaiikaishoppingcenter.com
参考紹介ページ:ー

ハワイカイ地区には隣接する「ココヘッド」側やオアフ島で最も所得水準が高いエリアの一つ「アイナハイナ」など、このほかにもショッピングモールがあります。

チャイナタウン・ダウンタウン・カリヒ地区

カメハメハ ショッピングセンター

Kamehameha Shopping Center

カメハメハショッピングセンター

形態

屋根付き屋外型ショッピングモール

規模

小規模

カリヒ地区の山側に位置する日常使いの地元のショッピングセンター。
ちょっとした休憩にも最適です。

モールの特徴

ここの駐車場2階からダウンタウンを見渡せます。
ここまで来ると地元ならではのお店に巡り合えるかも。

カメハメハショッピングセンター

所在地:1620 N School St, Honolulu, HI 96817


店舗数:約36店舗以上
駐車場:無料
公式サイト:ー
参考紹介ページ:主婦ときどきハワイ逃亡さん

カパラマ ショッピングセンター

Kapalama Shopping Center 

形態

屋根付き屋外型ショッピングモール

規模

小規模

カリヒの中心部。比較的きれいなショッピングモールです。

モールの特徴

飲食店中心のショッピングモールです。

所在地:1210 Dillingham Blvd, Honolulu, HI 96817


店舗数:約16店舗以上
駐車場:無料
公式サイト:ー
参考紹介ページ:ハワイネオプラザさん

シティスクエア ショッピングセンター

City Square Shopping Center

シティスクエア・ショッピングセンター

形態

屋根付き屋外型ショッピングモール

規模

中規模

カリヒ地区の真ん中。向かいのカパラマショッピングセンターが外食中心で、こちらは生活に密着したお店が多い印象です。カメハメハベーカリーやチャイナタウンマーケットプレイス市場などが集まった賑やかなショッピングモールです。ペットショップもあります。

モールの特徴

常に車がいっぱいのショッピングモール。以前は運転免許申請などでお世話になりました。
奥行きがあるので広く感じます。

シティスクエア・ショッピングセンター

所在地:1199 Dillingham Blvd, Honolulu, HI 96817


店舗数:約50店舗
駐車場:無料
公式サイト:https://www.citysquarehawaii.com
参考紹介ページ:Hawaiian Lifestyle MAHALOHAさん




パールシティ・アイエア地区

パールリッジセンター

Pearlridge Center

パールリッジセンター

形態

全屋内型ショッピングモール

規模

大規模

オアフ島で2番目に大きなショッピングモールです。

真珠湾の北側。パールシティエリアを商圏とするパールリッジセンター。周辺にいくつもショッピングモールがありますが、こちらは全屋内型の大きな商業施設です。
来てみて驚くのが、2つに分かれているショッピングモールがモノレールでつながれていること。モノレールが走るショッピングセンターは子どもにとっても楽しいですよね。

モールの特徴

まさにローカル御用達のショッピングモールで、店揃えもローカル向けが多いです。
ワイキキでは観光向けの品揃えになってしまっていても、ここならハワイで利用する品物が揃います。

パールリッジセンター

所在地:98-1005 Moanalua Rd, Aiea, HI 96701


店舗数:約110店舗以上
駐車場:無料
公式サイト:https://pearlridgeonline.com
参考紹介ページ:4travel.jp(KRNさん)

パールカイ ショッピングセンター

Pearl Kai Shopping Center

パールカイショッピングセンター

形態

屋根付き屋外型ショッピングモール

規模

小規模

パールリッジセンターの真向かいにあるショッピングモールです。
パールリッジだとちょっと重いなぁ、という時にサクっと立ち寄れるポジションですね。
近くには大きなホームセンターもあり、この一帯は総合ショッピングエリアとなっています。

モールの特徴

飲食店も多いですが、美容院があったりサプリ専門店があったり、ジムやテニス専門ショップがあったりと、用事がある人には必ずお世話になるところです。

所在地:98-199 Kamehameha Hwy Ste G3, Aiea, HI 96701


店舗数:約30店舗
駐車場:無料
公式サイト:ー
参考紹介ページ:ー

ワイケレプレミアムアウトレット&ワイケレセンター

ワイケレアウトレット

形態

屋根付き屋外型ショッピングモール

規模

大規模

オアフ島で最も有名なアウトレットモールと言えばここ。
ワイキキからも格安送迎ツアーバスが出ていたり、ハワイ観光ではまずここを目指すという方も多いのではないでしょうか。
ここではワイケレプレミアムアウトレットをメインに、隣接するワイケレセンターを一緒に紹介しましたが、実はワイケレセンターの方が敷地面積は広いです。

モールの特徴

ワイケレプレミアムアウトレットはその名の通り、プレミアムアウトレット系列のモールです。
ワイケレセンターはこの地域の中心的な商業施設となります。
どちらも歩いて行き来可能です。

ワイケレセンター

所在地:94-790 Lumiaina St, Waipahu, HI 96797


店舗数:80店舗以上
駐車場:無料
公式サイト:
プレミアムアウトレット:https://www.premiumoutlets.com/outlet/waikele
ワイケレセンター:https://www.waikelecenter.com
参考紹介ページ:Myハワイ(Erikoさん)

ワイマルショッピングセンター

Waimalu Shopping Center

ワイマルショッピングセンター

形態

屋根付き屋外型ショッピングモール

規模

小規模

パールハーバー一帯のショッピングモールエリアに挟まれるように位置するワイマルショッピングセンターは、カメハメハハイウェイ大通りに面して横長の形をした商業施設です。
オックステールスープで有名なアサヒグリルと同系列のカピオラニコーヒーショップがあるので、訪れたことがある人も多いかもしれません。

モールの特徴

とにかく美味しそうな飲食店が並んだショッピングモールです。
私も一人オックステールを食したことがあります。豚足を頼んだら1頭分出てきて食べきれませんでした。

所在地:98-020 Kamehameha Hwy, Aiea, HI 96701


店舗数:約25店舗
駐車場:無料
公式サイト:ー
参考紹介ページ:モコハワイさん

ワイマルプラザ

Waimalu Plaza

形態

屋根付き屋外型・店舗型ショッピングモール

規模

中規模

ワイマルショッピングセンターともいわれていますが、正式にはワイマルプラザとなっています。向かい側にはタイムススーパーマーケットを中心とした独立した店舗が集積していて買い物天国。エリア一帯がひとつのショッピングモールのようです。

モールの特徴

セーフウェイを核としたショッピング施設です。このワイマルプラザ自体はそれほどの規模ではありませんが、一帯をひとつのショッピングモールととらえるとかなりの規模です。

所在地:98-1277 Kaahumanu St, Aiea, HI 96701


店舗数:約30店舗
駐車場:無料
公式サイト:https://www.waimaluplaza.com
参考紹介ページ:ー

ネイビーエクスチェンジモール(NEX)

The Navy Exchange Mall at Pearl Harbor 

NEXネイビーショッピングモール

形態

全屋内型ショッピングモール

規模

大規模

ザ・モール・アット・パールハーバーともいわれる場所。
数あるショッピングモールに訪れたことがある方も、このNEXに言ったことがある方はそういないでしょう。
場所はアメリカ軍施設内といっても良いくらい、道路一本隔てた内側は、整ったアメリカンな住宅が広がる中にあります。
そう、ここはアメリカ軍人 (ミリタリー) のための商業施設で、お買い物客は主にアメリカ軍のご家族。なんと軍人さん割引が効くので知り合いにアーミーの方がいれば一緒に連れて行ってもらえば買い物ができます。

モールの特徴

モールというよりは、アメリカ本土にあるようなごく普通の商業施設ですが、お店の感じがハワイでは見られない雰囲気です。
入口横にはアメリカ軍やNASAグッズ専門店があって、買えないとわかっていてもちょっと見て回りたくなります。

NEXネイビーエクスチェンジショッピングモール

所在地:4725 Bougainville Dr, Honolulu, HI 96818


店舗数:ー
駐車場:無料
公式サイト:https://www.mynavyexchange.com
参考紹介ページ:Hawaii Take Take Tour

モアナルアショッピングセンター

Moanalua Shopping Center

形態

屋外店舗型ショッピングモール

規模

小規模

地図上はNEXのほぼ隣に位置していますが、ぐるっと回って入ります。モアナルアと名が付いていますがモアナルアガーデンからは遠く、意外や意外、空港の目の前にある一番近いショッピングモールでもあります。

モールの特徴

アメリカらしい新しくきれいなショッピング施設です。まるで図鑑のようにアメリカを代表するような飲食店が揃います。

所在地:2810 Valkenburgh St, Honolulu, HI 96818


店舗数:約28店舗
駐車場:無料
公式サイト:https://www.moanaluashoppingcenter.com/stores-restaurants
参考紹介ページ:ー

ソルトレイクショッピングセンター

Salt Lake Shopping Center

形態

屋根付き屋外型ショッピングモール

規模

小規模

空港やアロハスタジアムにほど近い場所にあります。

モールの特徴

生活に必要なお店が揃った普段使いのショッピングセンターです。

所在地:848 Ala Lilikoi St, Honolulu, HI 96818


店舗数:約18店舗
駐車場:無料
公式サイト:ー
参考紹介ページ:ー

パールシティ・アイエア・ソルトレイクエリアには他にも多くのショッピングセンターがあります。

カポレイ・コオリナ地区

カポレイコモンズ

Kapolei Commons 

カポレイのターゲット

形態

屋外店舗型ショッピングモール

規模

中規模

ザ・アメリカの住宅地が広がるカポレイにあるショッピングセンター。オアフ島西側ではじめてのショッピングセンターとして2009年にオープン。規模は中規模と書きましたが、ひとつひとつのお店が大きいです。
カポレイには大型商業施設が点在していますが、ここはフリーウェイを降りて目の前。
向かい側にはホームデポを中心にお店が集まり、さらに斜め向かいにはコスコ (Costco)があります。

モールの特徴

新しいだけあってお店も大きく、とてもきれいで、なにより買い物がしやすいです。
スノーフェスティバルやイースターエッグハント、中国の旧正月獅子舞のイベントも行われ、地元の発展の架け橋としてのポジションを担ってきました。
「Regal Kapolei Commons 12」はハワイ初のラグジュアリー映画館としてオープン。
ウェブサイトも最近のデザインですね。

ROSS カポレイコモンズ

所在地:4450 Kapolei Pkwy, Kapolei, HI 96707


店舗数:約41店舗
駐車場:無料
公式サイト:https://kapoleicommons.com
参考紹介ページ:OLIOLIハワイ.comさん

カ マカナ アリイ

Ka Makana Ali’i

形態

屋外型ショッピングモール

規模

大規模

ハワイアンレールウェイの周辺の広大な荒野が、まさかこの数年でここまで住宅が埋め尽くされるとは思いませんでした。こちらはカポレイに新しくできた大型ショッピング施設。映画館やホテルまで併設され、さまざまなイベントも催されています。

モールの特徴

ほとんど屋根が無く、屋根のような天幕がついていたり付いていなかったりと、さすが天候の良いカポレイならではの造りです。
アメリカならではのファッション系のお店が一通り揃っていて、そのほかにハワイならではのお店も出店中。お店のひとつひとつが広々としています。

所在地:91-5431 Kapolei Pkwy, Kapolei, HI 96707


店舗数:約100店舗以上
駐車場:無料
公式サイト:https://www.kamakanaalii.com
参考紹介ページ:ハワイのない人生なんてさん

ノースショア地区

ノースショアマーケットプレイス

Northshore Market Place

ノースショアマーケットプレイスの看板

形態

屋根付き屋外型ショッピングモール

規模

小規模

かつてのノースショアといえばこのショッピングモール。古き良きハレイワの面影を残す商店街的なショッピングモールです。お店の様相もホノルルとは異なり、サーフィン系が多いです。

モールの特徴

今では少し懐かしさを覚える施設ですが、並んでいるお店は選りすぐり、ハワイローカルならではの有名店も揃っています。

トイレ

・チョロズの建物裏
・雑貨屋の横

ここはトイレ休憩としても利用できます。
自由に出入りできるトイレは2つ。
チョロズメキシカン料理店の入っている建物の裏手と、真ん中の雑貨お土産店の横です。
どちらかといえば、雑貨屋さんの隣の方が利用者が多いです。

ノースショアマーケットプレイス

所在地:66-250 Kamehameha Hwy D203, Haleiwa, HI 96712


店舗数:約22店舗
駐車場:無料
公式サイト:https://northshoremarketplacehawaii.com
参考紹介ページ:たびこふれさん

ハレイワタウンセンター

Haleiwa Town Center

ハレイワタウンセンターの看板

形態

屋外店舗型ショッピングモール

規模

小規模

ハレイワタウンセンター

ロングスなどを中心とした地元の普段使いのお店が集まっています。ハレイワの街を昔から支えてきたショッピング施設です。

モールの特徴

ハレイワタウンセンターの良い点は何より駐車場が入りやすく広いこと。
多くのツアーバスやツアーバンもこちらに停まっています。
そして、ハレイワではなかなか手に入りづらい軽いお菓子や飲み物が買えることです。
ハレイワの街は看板が木彫りでできているのですが、ハレイワストアロッツのように合成樹脂のようなつるつるな感じではなく、実に手作り感が伝わるものです。
ロングスもほら、こうして木のぬくもりを感じる造りになっています。

トイレ

・建物が連なる駐車場側の一番端っこ

自由に利用できるトイレは通り沿いに連なるお店の裏側の一番端っこにあります。利用者は少ないですが、タイミングによってはツアー客がたくさん利用します。

ハレイワのロングス

所在地:66-145 Kamehameha Hwy, Haleiwa, HI 96712


店舗数:約14店舗
駐車場:無料
公式サイト:ー
参考紹介ページ:ー

ハレイワストアロッツ

Haleiwa Store Lots

ハレイワストアロッツ

形態

屋根付き屋外型ショッピングモール

規模

小規模

ハレイワの中でも最も新しくできたショッピング施設のひとつ。新しいだけあってヒストリカルなハレイワの街の姿を良い感じで更新しています。

モールの特徴

マツモトシェイブアイスなど、ハワイを代表するお店が集まっています。

トイレ

・駐車場の出入り口付近

ハレイワストアロッツのトイレはとても綺麗で快適です。
しかし、2016年よりPINコードを入力しないと入れない鍵付きトイレになってしまいました。
※基本的にハレイワストアロッツで商品購入したお客様のためのおトイレです。利用する場合はコード番号をお店で聞いてください。
コード番号はいかにも買い物しないお店だと聞きにくいという人は、アイランドヴィンテージコーヒーやマツモトシェイブアイスなどの人気店でわんさかごった返している間に聞いても良いですね。
でもお店の人は、どこもたいてい快く教えてくれます。

トイレコード番号の聞き方

・トイレのコード=PIN Number (ピンナンバー)など

「Where is the restroom? (ウェァイダエストルーム?トイレはどこですか?)」とか
「Could I use the restroom? (クダイユーダエストルーム?トイレを使ってもよろしいでしょうか?)」
カジュアルに「Can I use the restroom? (キャナイユーダエストルーム)トイレ使っていい?」でもOK。

という感じで聞けば教えてもらえます。
丁寧に「Could you tell me~ (~を教えていただけませんか?)」 なんて長い文章を言わなくてもたぶん大丈夫です。

ハレイワストアロッツ

所在地:66-111 Kamehameha Hwy, Haleiwa, HI 96712


店舗数:約15店舗
駐車場:無料
公式サイト:ー
参考紹介ページ:お金がなくてもハワイに行きたい!さん

記事公開日:2019年12月
情報は流動的なため、参考程度にとらえていただければ嬉しいです。
情報が間違っているなど気づいた点があれば、お問い合わせフォームからそっと教えていただけると助かります。
読んでいただき本当にありがとうございました。

いつもありがとうございます。 ブログランキングに参加しています。 もしよろしければ応援クリックをお願いいたします。