ロミロミ

ハワイ州公認マッサージライセンスとは

ハワイ州公認マッサージライセンスとは

正式名称 Licensed Massage Therapist

正式名称ですが…そのままですよね。通称LMTと言います。
ハワイアンパルケのスタッフもハワイ在住時にライセンスを取得しています。

ハワイのマッサージライセンス

ハワイ州伝わる伝統ロミロミのセラピストになるには、ハワイ州が公式に定めたマッサージライセンスの取得を義務付けられています。この資格をハワイ州公認マッサージライセンスと言います。
つまりハワイでロミロミの施術を受ける場合は、すべてのセラピストがマッサージの資格を持っているということになります。

他にもある公認ライセンス

ハワイ州ではフェイシャルエステにはエステライセンス、ネイルにはネイルのライセンス、整体、リフレ、指圧、アロマセラピーもライセンスを取得することが必要で、無資格の場合は違法となります。

マッサージライセンスを取得するために必要なこと

マッサージスクール (学校)に通うことが前提となります。公式のマッサージ学校というものはありませんので、ハワイ州が公認した学校に通うのが一般的です。

カリキュラムを学ぶ時間

ハワイ州から公式に定められた資格 (ライセンス)を取得するためには、ハワイ州が公認した専門学校で570時間以上のカリキュラムを修了しなければなりません。

最低50時間の解剖学、生理学、法律などの学問を学びます。そして同時に100時間のマッサージの理論や実技の練習を行います。最後にインストラクターの元で見習い経験を積んで、インストラクターの指導のもとに420時間の実技施術トレーニングを行います。つまりインターンとして実際にセラピストとして施術を行うのです。

さらに救急看護や人工呼吸法のトレーニングも行います。

合計570時間。1日6時間と計算すると休みなしで95日間となります。

学科資格試験

マッサージライセンスには実際にロミロミを行う実技も大切ですが、最後にカリキュラムで学んだ知識を試す試験に合格しなければなりません。

ずっしりと辞書のような5cmほどの厚さがある教科書には医学用語、病気、身体のしくみや体質などに関することがすべて英語で書かれています。
テストももちろん英語での受験のみとなります。
また、試験はおおよそ4半期に1度しか行われないため、資格を取得するにあたっては最短でも6ケ月~9ケ月ほどかかることが一般的のようです。

最も大切なこと

ハワイアンパルケではロミロミセラピストにとって最も大切なことをハワイ州公認ライセンスに置いていません。
それは、アロハの心こそが最も大切だと感じているからです。
そう、いつの間にか忘れてしまいそうなアロハの心と、ハワイに古くから伝わる精神、これこそが一番心に留めておかなくてはいけないのではと考えます。

ハワイでクム (伝承者・先生)から直接ロミロミを学んだ方々は、このアロハの心をいつも持ち続けています。

日本では資格が必要ないロミロミ

日本にも伝統的な技術を伴う施術の営業には資格が必要なものがあります。いわゆる国家資格ですね。厚生省労働局が認定した資格で、「鍼灸師」「あんまマッサージ指圧師」「柔道整復師」などがあります。

しかし、ロミロミはハワイ州伝統の技術のため、日本でセラピストとして活動するにあたっては特に資格は必要ありません。

技術も大切ですが、やはり心とロミロミに向かう姿勢。
ハワイアンパルケでは、アロハの心とロミロミを伝えようとする人たちをもっと応援したいというのが本音です。