ロミロミ

ハワイに伝わるロミロミ (Lomilomi)とは

ロミロミはハワイ語

ロミロミとはハワイ語で「揉む」「押す」という意味です。
そのかわいらしい言葉の雰囲気や一見単純な意味で伝えられるロミロミですが、現在ではロミロミといえばハワイに大昔から伝わるユニークなマッサージのことを称する場合が多いです。

マッサージとは言っても、指圧のように指先でマッサージする指圧ではなく、腕全体の面を使い、身体を大きく使った独特なマッサージになります。
ロミロミは身体の状態を事前に把握し、リンパの流れを促し、筋肉をほぐすリラクゼーションマッサージとして行われます。
飛行機で到着した後や旅行の最終日、運動の後に行うとその効果を直に感じることができるでしょう。

ロミロミはハワイアンから伝わるリラクゼーション

古来ハワイでは、最も古い移民とされるハワイアンによって文化を形成していきました。その文化の中には、海を渡り太平洋諸島の数々の島から伝わってハワイ独自に進化したものも多く、いつしかハワイ固有の歴史と文化が生まれていきました。

ハワイアンは自然にあるすべてのものからエネルギー (マナ)が発せられていると考えられ、そのマナとの共生による癒し、活力、生活の多くにマナを取り入れていました。

その癒しとしてマナを取り込みながら人の手によって人を癒すものがロミロミマッサージとして伝わるようになったと言われています。

治療としてのロミロミ

現在ではさまざまな事情により行われていない手法ですが、かつてハワイアンは病に伏した人々や精神の安定のために薬草と合わせて治療を目的としたロミロミが行われていたと言います。
当時は病は神の怒りや悪霊によるものと考えられ、払い癒すために用いられていたそうです。
そう考えるとロミロミのセラピストたちはとてつもなく次元のとびぬけた職業ではないでしょうか。
その通りで、ロミロミを学ぶものは身体や精神に基づく知識を勉強しなければなりません。
それだけスキルを持った人たちが行うのがロミロミです。

素人から見るとただのマッサージなのに、それを行う人たちは医者になっても不思議ないくらいの人たちなんだね。

伝承としてのロミロミと消滅危機

当時はカフナと呼ばれる専門家により直接伝承されなければロミロミを行うことは認められませんでした。つまり、選ばれた人にしかなることができなかったわけです。
しかし、カメハメハ2世の1820年頃 (日本では江戸時代)にそういった伝統的な宗教にもとづくもの (カプ制度=伝統的宗教制度)が廃止されます。
その後はキリスト教と西欧文化の流入とともにフラやロミロミのような文化伝統的な活動が禁止になってしまいました。

時は流れ1973年。

ロミロミはアンティマーガレット女史によって一般的に開放されることになりました。
同じころ、先住民としてのハワイアンたちの運動によってハワイアンが正式にアメリカの先住民族のひとつとして認められるようになったのです。
1978年にはハワイ州がハワイ人問題事務局 (OHA)を設置、それから本格的にハワイの文化は復活を遂げるようになったのです。

1978年!それはすごく最近のことだよね?ハワイでも長い歴史でさまざまな葛藤や軋轢があったんだね。

ハワイ州マッサージライセンス

このハワイの歴史を知ると納得するのがこのライセンス。
ハワイ州はマッサージセラピストとして働く者にはマッサージライセンスの取得を義務付けています。
資格 (ライセンス)を取得するためには、ハワイ州公認の専門学校で570時間以上の学科、技術を学び、修了し、試験に合格する必要があります。

現在では、かつてハワイアンによって伝えられた伝承その歴史を大切にする風潮が残っており、クム (先生)から直接伝承されることで、アロハの精神やマナを取り入れた本当のセラピストとして認められるというのがハワイの文化です。

ハワイアンパルケでは、このハワイ文化をより深くまで知ってもらう入り口としてこのロミロミを紹介させていただいております。